スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権。


【人間が人間らしく生きるために生来持っている権利。】[ 大辞林 ]

【人間が人間として当然に持っている権利。基本的人権。】[ 大辞泉 ]

 さらっとネット上で辞書を引いただけでこういう意味が出てくる訳だが(こういうところ本当にネットは便利だなと思う。見つけた情報の精度や取捨選択の問題はあるが)、「人間らしく、あるいは人間として生きる」、というのは一体どういうことなのだろうな、とふと考えた。
一応、現代日本で限定して考えれば人間は家畜のような扱いは法律上では受けていない筈だ。
だが、家畜扱いをされていないイコール、「人権が守られている」というのも最近の世相を考えると何か違うような気がしてならない。

あまり深々としてはいない曖昧とした思考の流れで、何処ぞのCMではないが主語を「人間」から「あなた(もしくは私)」にした方がよっぽど自らに納得しやすいのではないかと思いもしたのだが、ある意味とても独善的にとれる気もして保留。

つまり、つらつらと考えていただけで何も実にはなってないまさしくいつもの日常である。

まあ、「馬券の競輪版は何て言うんだろうか、まさか人券(じんけん)じゃないしな」が発端だったんだから当然か。
というか、券の名称を知ってる方がいたら教えて欲しい(それこそネットで調べるべきか?)

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。